2009.01.16

ヘロヘロくん

ハラハラキャットが、おととい☆になりました。

↓我が家に来た頃のヘロヘロくん(最初の言い間違いがそのままこのコの呼名になりました)。

ヘロヘロじゃないやい!

見た目のグロさとは裏腹に、とても温厚でマイペースでかわいいヤツでした。コリたちとも付かず離れず、特別仲良しというわけではないものの、静かに見守る兄貴的存在でした(周りに興味がないとも言えるケド...coldsweats01)。

上手くやってるよ

前日まで変わった様子もなく元気に過ごしていたように思います。いつもボトムにいる彼が、気付くと水面に浮いていました。

ひっそり

我が家にお連れしたのは2005年11月。3年と2ヶ月もの間、ひっそりと楽しませてくれました。
あまり長生きしてくれないような気がして、ハラハラはこの1匹しかお連れしなかったのですが、ここまで馴染んでくれるとは。

嬉しかったよ。confident

| | コメント (0)

2007.03.27

ギャップが素敵

アップで見るとグロいよねぇ...

グロいなんて言わないで!

でも性格は至って温和でマイペース。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.10

挟まるハラハラ

コリ同様平和主義なハラハラキャットも、コリ水槽(新しい水槽)に移ってきました。
このコは挟まると落ち着くらしく、密生した水草の間や鉢と鉢の間などにちょうどいい隙間を見つけては挟まっていました。水草やら鉢やらモノの多いメイン水槽では挟まる場所もたくさんあったのですが、コリ水槽はスッキリシンプルにしてしまったので、移した直後は落ち着かない様子でした。
しばらくいろいろな所で挟まり具合を試しているようでしたが、結局ここが一番気に入ったみたい。

蛾っぽい?

ちょっと分かりづらいけど、前面ガラスと水温計の間に挟まっているんですよ^^;
こうやって拡大してみると、虫っぽいよねぇ。
胸鰭が蛾の羽根のように見える...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.09

孵化後3ヶ月と1日で...

たった1匹で頑張ってくれていたベビコリが☆になりました。孵化後3ヶ月と1日のことでした。
白カビが同じあたりに再発し、薬浴を試みたのですが、あっという間に状態は悪化し逝ってしまいました。治ったように見えていただけで、実は完治していなかったのかもしれません。

成長が激しくゆっくりだったコですが、ようやく2㎝弱ほどに育って狭い飼育箱を卒業できると思っていた矢先のことでした。
助けてあげられなくてごめんね。


今日は鎌倉にぺん太くん(=新しいカメラの名前)を連れて行く予定だったのですが、悪天候のため家にこもってました。

というわけで、ぺん太くんで撮ったのは鎌倉の紅葉ではなく、メイン水槽の仲間たち。

6種類のお魚が写ってます(チンアナゴ含む)。

6種類


メンテ直後で色抜けしてるハブ。
上の写真で左端に写っているコです。

色白ハブ

等倍で見るとお魚の細部まで良く見えていいですね。
ぺん太くん、いい仕事してくれてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.11

飛べそう

・・・なほど横に突き出した胸鰭。

横長です

ハラハラくん、とても食欲旺盛で元気にしております。

熱視線のパンダ
最近パンダ(写真後方)につきまとわれて、嬉しいのか迷惑なのかは謎ですが、とにかく一緒に過ごすことが多いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.25

ハラハラくんの顔

目、ちっちゃ!

ハラハラキャット


《追記・1月27日》

にゃん吉さん、目はコレです。

目です

面白い顔してるでしょ?

| | コメント (7)

2005.12.27

ヘロヘロじゃありません

はじめまして、ハラハラくんです


11月初旬にこっそりひとりで我が家にやって来たハラハラキャット。
うまく馴染んでもらえる自信が無かったので、今まで皆様に紹介せずにいました。

初めは「ハラハラ」が覚えられず、「ヘロヘロだっけ?」「フラフラ?」となんとも軟弱そうな名前で呼ばれていた彼(彼女)が、今ではすっかり馴染んで元気よく泳ぐようになりました。

ボトムでボーッとしていることも多いですが、泳ぎ始めると前面ガラスに沿って円を描くようにいつまでもクルクル回っています。胸鰭が横に大きく突き出ていて、泳ぐ姿はまるで潜水艦のようでカッコイイ(^o^)/

周りの住人にはあまり関心がないようで、ひとりダンディーな雰囲気を醸し出しています。

| | コメント (4)