2006.11.28

最期まで強気のニセ葵

兎夢さんちのピグミーグラミーから、我が家でも「葵ちゃん」という愛称で親しまれていた(兎夢さん、勝手にスミマセン)ピグミーグラミーが☆になりました。

ニセ葵

我が家に来てから1年10ヶ月経過したということと、最近の様子から、原因は寿命だと思われます。

お連れしたのは2匹でした。いじめられてエサを満足に食べられなかった1匹はだいぶ前に☆になりましたが、いじめていた方のこのコはその後もたくましく生き続け、晩年までランプアイを押しのけてアカムシをバクバク食べていました。さすがにこの2,3日はあまり泳ぎ回らずボトムでコリドラス化していることが多かったので、そろそろ「その時期」なのかなと覚悟はしていました。

初めから警戒心は強かったのですが、エビなどに対してあまりにオイタが過ぎるので、メイン水槽からランプアイのいる20cmキューブに移した頃から更に警戒心が強くなり、水槽に近づくと必死に隠れるようになりました(ホントに必死さが伝わってくる隠れっぷりなのです)。隠れるところが少ないにも関わらず、何処にいるのかわからないこともたびたび。しかし、実はバレバレなのに、上手く隠れているつもりの顔をしていることもあり、その姿にいつも和ませてもらいました(笑)

そんな状態だったので、最近の写真がほとんどありません。上の写真は我が家に来てまもない頃のものです。リシアがコケているのは見て見ぬふりでお願いします。

強気で優雅で地味だけどキラキラ光るキミが好きだったよ^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.14

私のこと忘れてません?

以前、メイン水槽にいたピグミーグラミーですが、あまりにもしつこくエビをつつくので、4月初めに20cubeにお引越ししました。その後、U's CAFEではとんとご無沙汰だったのですが、久々の登場です。

2匹のうち1匹はそうでもないけど、画像のコは同じ水槽のランプアイと見紛うほど痩せちゃってます。そのコが昨夜、アマゾンフロッグピットの根っこにつかまってしばらく動かないので、最初はいよいよお別れのときが来てしまったかと思ったのですが、


眠ってるだけです


寝てました(^_^;

今日はいつも通り、こちらを警戒しながら泳いでいます。
めでたし、めでたし。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.03.19

ニセモノちびこ

先日お伝えした病気のピグミーグラミーは、翌日ライトが点いたときにはお亡くなりになっていました。ハブちゃんもいなくなってしまったし、プリステラやランプアイもお引越してしまったし、我が家のメイン水槽も少しさみしくなりました。

そこで今日、ちびこ2号(Co.ハステータス)を買った近所のお店に行ってきました。「もしハスがいたら、ちびこ2号のお友達を連れて帰ってあげよう」と思い、お店の水槽を眺めていたら・・・。

いたんです。
でもなんか様子が違うんです。
よ~く見たら、同じ模様の違うお魚なのです。
名前はハステータステトラ。
私は今日初めてこんなお魚がいるのを知ったのですが、みなさんご存知でした?

なんてかわいいんでしょう。
まるで別のお魚がちびこの着ぐるみを着ているみたいなのです。

のどから手が出かかったのですが、メインに入れてしまっては、せっかくプリステラやランプアイに移動して頂き築き上げた、ゆったりまったりな雰囲気が壊れてしまうかも・・・と思い、断念。

水槽増やそっかな~(^_^;

ホンモノちびこ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.03.12

苦しみの声?

ピグミーグラミー3匹のうちの1匹が、エロモナス病にかかってしまいました。

何日か前から左目の上あたりが少し白っぽくなっていたので、最初は仲間につつかれでもして、傷ついてしまったのかと思っていたのですが、どうもそうではないようなのです。

捕まえて薬浴させようと思ったのですが、おびえてしまって全然出てきてくれなくなっちゃいました。仕方がないので鷹の爪を浮かべて様子を見てますが、一度かかってしまうと助かることの方が少ないみたいなので、とても悲しいです。

そういえば今日、ピグミーグラミーの鳴き声らしき音を聞きました。
小さく「クルル」というような音でした。
この「クルル」、苦しいときに鳴いたりするのかなぁ。
そうだとしたら可哀想だなぁ・・・(;_;)

これは元気なコです

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.03.01

ピグミーグラミーのお食事

見られない方はコチラ

ややピンぼけですが・・・。
ピグミーグラミーのお食事風景です。

餌があるのは判っているのに、慎重なこのコはすぐに食べずにしばらく様子を窺っています。ようやく口にした餌も大きすぎたのか、ちょっとモグモグしたあと、ぷっと吐き出しています。

我が家のピグミーグラミーが最近気になっているものといえば、『エビの触覚』。
ミズミミズにでも見えるのか、じっと観察したあと「ぱくっ」とつつきます。つつかれたミナミちゃんは、驚いて20センチくらい飛び退いています。
ミナミちゃん、ストレスたまりまくりかも(・_・;)


兎夢さんちの葵ちゃんみたいに、眼が「うふっ」だったので、うれしくてUPしてみました(^o^)/

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.02.26

ヅラモス

以前、ウィローモス付きの石を購入したのですが、エビ水槽に入れてトリミングもせず伸び放題にしておいたら、根っこの方から枯れてきて、ヅラのように(笑)カパッと取れてしまいました。

活着させるのも面倒だし、捨てるのももったいないので、とりあえずそのままごそっとメイン水槽に入れておいたら、メインの皆のいい遊び場になっているようです。
特にピグミーグラミーはしょっちゅう出たり入ったりして遊んでいます。

モスの中からこんにちは

ところで、先日もお伝えした謎のヒゲ苔ですが、こんなところにも生えています。

苔生えちゃいました

あえて切らずにしばらく様子を見ることにしました(^_^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.02.12

寄り眼の(大)ちゃん

(大)ちゃんの白眼

Co.ピグミーの(大)ちゃんの白眼が好きです。
(小)ちゃんの眼はいつも黒いのですが、このコの眼だけこんな風に、白眼があるように見えることが多いのです。寄り眼みたいでかわいいでしょ?

ピグミーグラミーは今日も優雅に泳いでいます。
だんだんカメラにも慣れてきたのかな?
私たちが水槽の真ん前で見ていても、カメラを構えても、あまり逃げなくなりました。

優雅なグラミー

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.02.11

衝撃的な出来事

少し我が家の水槽にも慣れてきたらしく、だんだん前に出てくるようになりました。
プリステラにいじめられるのでは?と心配していたのですが、取り越し苦労だったようです。むしろピグミーグラミー同士で縄張り争いしてたりします。

昨夜、私は不在のため現場を見てはいなかったのですが、ダーリンがお腹に卵をつけたピグミーグラミーを発見。すぐさまカメラを構えシャッターを切ったのですが、ほんの5秒くらいの間に、お腹から卵が取れ、その卵をなんとピグミーグラミー自身の口でプチンとつぶしてしまったというのです。

お腹に卵をつけたピグミーグラミー

お腹に卵をつけたピグミーグラミー

割れてはじけた卵とピグミーグラミー

割れてはじけた卵とピグミーグラミー

まさかランプアイの卵がピグミーグラミーのお腹に付くとも思えず、自分の卵としか考えられないのですが、とても衝撃的な出来事でした。
それともランプアイの卵だったのかなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.07

おっとり屋さん

本日のピグミーグラミー。

ピグミーグラミー1

ピグミーグラミー2

私たちが近くにいないときは、こっそり前に出てきているようです。
彼らの行動はとても慎重で、何か興味のあるものを見つけても猛進せずに、「だるまさんがころんだ」でもやっているみたいに、少しずつ少しずつ近づいていくのです。

おっとりしたところもまたかわいい(*^_^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.06

はずかしがり屋さん

はずかしがり屋さん

昨日我が家にやってきたピグミーグラミーたちは、とても警戒しているようです。
ほとんど前に出てこず、目が合うとすぐに隠れてしまいます。写真もなかなか撮らせてくれません。これは偶然撮れた1枚です。このあと慌てて逃げていきました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧