2012.05.02

アクアリウムジャーニー2012

アクアリウムジャーニー2012に行って来ました。

120502_01
 
120502_02
 
120502_03
 
120502_04
 
120502_05
 
120502_06
 
120502_07
 
120502_08
 
120502_09
 
120502_10
 
120502_11
 
120502_12
 
120502_13
 
120502_14
 
120502_15

近頃はいろいろとオシャレな水槽があるんですね。

120502_16

左側の水槽にはハコフグベビーがチョロチョロしていて可愛かったァ。
大きさは1センチくらいかなぁ。あまりに小さくてちょっと可哀想な感じだけど。

120502_17
 
120502_18

水槽だけでなく写真や絵の展示もあります。

120502_22

こちら↓の下条孟氏の絵、良かったですよ。

120502_23

お魚はリアルだしカラフルだし、色鉛筆で描かれているので優しい雰囲気。
見ていて楽しくなる絵でした。

さて今回、この展示会に行った一番の目的はこちら↓。

この金魚たち、絵ですよ、絵!!!
水草もうんちも!!!

120502_19

ほんの数日前に知った深堀隆介氏の作品。
ぜひ実物を見たくて、展示会などがあれば絶対に行くんだ!と思っていたら、思いの外早く見られる機会に遭遇しました。

120502_20

“番外編”ということで展示数は少なかったのですが、実物を見ることができて感激しました。
小さいのでいいから欲しいなぁ。。。

120502_21

欲しいなぁ。。。

| | コメント (0)

2011.12.31

良いお年を

111231_mn
 
111231_s
 
111231_m
 
111231_g

| | コメント (0)

2011.11.12

ちびグッピー

ちーっこくてかわいいのぅhappy02

111112

第二べいびーず、すくすくわらわら育ってます。

| | コメント (0)

2011.11.07

第二べいびーず生まれる

グッピーのその後です。

♀は3匹お連れして、しっぽの特徴からあおちゃん、りぼんちゃん、ぽちぽちちゃんと名付けていたのですが、あおちゃんだけあまりおなかが大きくなることなく、直に腰が曲がり始め、☆になりました。来たときからあまり若くなかったのでしょうか。それとも何か病気だったのかな。

♂は2匹、原種に近いカラーのコと青っぽいコをお連れしましたが、原種っぽいコがあまり餌を食べず、やせ細って旅立ってしまいました。

最初に生まれた第一べいびーずは、隔離などはせずに自然に任せておいたら、全滅してしまいました。
少しは残ってくれるんじゃないかと期待していたのですが。。。

生まれる側から親たちが食べちゃうんだもん。
まさに自給自足ですよweep

そんな感じで飼主が悲しがってる最中にも再びりぼんちゃんとぽちぽちちゃんのお腹は見る見る大きくなり、おとといくらいに第二べいびーずが生まれました!

今度は避難場所のマツモをもっと増やしたので前回より生き残りの数が多いようです。
餌も前回よりこまめにあげることにしました。

早く大きくなあれ。


| | コメント (0)

2011.10.06

グッピー生まれる

グッピーが生まれました。

でも写真はありません。
ベビィどころか親の写真も撮れないしsweat01

生まれるなり食べられちゃってるコもいてかわいそうですが、殖えすぎても困るので隔離はせず自然に任せています。

そうとは言えやっぱり生き延びてほしいと思うのは当然で、成魚につつかれそうになるベビィを見ては「逃げて~!」、隠れ場所として浮かべたマツモから出てきちゃったベビィを見ては「出てきちゃダメ~!」と水槽の前で叫んでいます(←傍から見たらオカシナ人)。
あぁ、心臓に悪い。。。shock

| | コメント (0)

2011.09.29

最後のお魚

久し振りのアクアネタが悲しいお知らせになってしまいました。

最後のお魚、Co.カネイが旅立ちました。
我が家に来てから3年ちょっと。震災で亡くなったお魚もいる中、唯一生き残ってくれたお魚でした。

110929

実は数日前グッピーをお連れしました。
その4日後「ゅぅさんたちのことは君たちに任せたョgood」とでも言うように急に元気がなくなり☆になりました。

「最後のお魚」と書きましたが、今はグッピーがいるので厳密に言うと「最後」ではありません。
しかしグッピーがいる水槽にまだ私が馴染んでいないし、もう新しくお魚をお迎えすることはないだろうと思っていたので、やはりこのカネイに対して「最後のお魚」という意識が強いのです。

水槽の中の小さいけど大きな津波を生き残り、寂しくなった水槽を見て落ち込んでいる私を励ましてくれているようでした。
今までありがとね。
虹の橋のかかる小川(あるのかな?)で待っててねconfident

| | コメント (4)

2011.04.22

水槽・今

もともとアクアネタから始まったU's CAFEですが、久しく水槽のことには触れていませんでしたね。

110421

画像はおよそ1年前のコリ水槽です。
メイン水槽をたたんでまもなくの頃だと思います。

その後、ポツポツと魚は減り、3.11の地震前にはヤマト2匹、コリ2匹と、最も古くからいるプリステラ1匹だけになっていました。
随分寂しくなってしまった水槽だったけど、でも細々と続けていく気ではありました。
欲しいお魚もいろいろいたし、出会いがあればお連れする気もありました。
3.11までは。

地震の翌日プリステラが☆になり、
その数日後コリ1匹も☆になりました。

今お魚は1匹だけなので寂しそうです。
以前は仲間と前面に姿を見せてくれていましたが、
いつも後ろの隅っこにじっとしてます。
たまにチョロチョロ泳いでいても、近寄るとすぐに隠れてしまいます。

寂しそうで可哀想。
でも・・・
増員する元気はありません。
やめてしまおうか、とも考えています。
(もちろん、今いるコはちゃんと最期まで面倒見ますよ)

地震でぐちゃぐちゃになった水槽の(生体以外の)中身をいろいろ捨てました。
鉢植えの水草とかお家のオブジェとかも。
ガラス蓋は中に落ちて角が欠けてました。

今はボルビティス&モス付き流木とガラス細工のチンアナゴだけです。

ポップアイになっても長いこと元気だったプリステラが☆になっちゃったのは
波にもまれていろんなものにぶつかっちゃったからなのかな・・・
と思って。

随分殺風景になっちゃいました。

しばらくすれば元気出るかな。
元気になりたいな。


《追記》
コリ水槽は出窓にあるのである程度安定してますが、旧メイン水槽はあまり安定性の良いとは言えないスチールラックに乗っていたので、もし今も続けていたら今回の地震で倒れていたかも・・・と思うと、たたんでおいて良かった~とほっと胸をなでおろすのでした。

| | コメント (0)

2010.09.10

アジコかアジオ

どちらかが☆になりました(←はっきり区別がつかないcoldsweats01)。

お迎えした頃はとっても仲が悪かった2匹。
コリ水槽にお引越ししてからは何故か仲良く連れ立って泳いでました。

100910_01

ここ最近1匹が、エサは食べているのに痩せてきたなぁ・・・とは思っていたのですが。

そう言えば2ヶ月くらい前の写真も少し痩せてたかも。

100910_02

かわいくてお気に入りのお魚だっただけに残念。

| | コメント (0)

2010.07.14

急に寂しく・・・

ここ数日で立て続けにクラウンキリーが☆になり、♀が1匹のみになってしまいました。

10071403

そして、我が家で生まれ育った最後の1匹だったランプアイも☆。

10071401
 
10071402

でもこのコは随分長生きしてくれました。
前日まで特に変わった様子はなかったので老衰だろうと思っています。

今まで元気そうだった個体が急にパタパタと亡くなって、
ポップアイになって余命幾ばくもないと思われていたプリステラは未だに元気です。

| | コメント (4)

2010.07.05

コリのおかげ?

引き続きアジオ&アジコ。

昨日の記事で「前面に出てくるようになった」と言ってるわりには、奥まったところにいる写真を載せてしまったので、撮り直しました。

10070501

カメラを構えると逃げちゃうのであまり近づけなかったケド。

10070502

以前は2匹で縄張り争いしていたのに、今は仲良く一緒に泳いでいたりもします。

10070503
 
10070504

ピント合ってないけど、一緒に泳いでるんだよってことで証拠写真。

コリと一緒にいると、性格が穏やかになるようです。(←ホント?)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧