« 11月9日のモカともなかとサクちゃん | トップページ | 癒しのサクちゃん »

2016.11.20

大好きなモカ

モカがいなくなって寂しくてたまらないし、出来ることならもっと一緒にいたかったけど、モカの最期は理想的だったのだと思います。

大きな病気やけがもなく、11歳まで生きてくれたこと。
寝たきりにならずギリギリまで自分の足で歩けたこと。
自力で食餌をとれたこと。
お家で夫婦で看取れたこと。
亡くなる日の朝まで大好物のバナナやえん麦を食べたこと。

最期の数か月は心臓は苦しかったのかもしれないけど、いつもぐったりしていたわけではなく食べたいものには飛びついてきたし、薬を飲むようになってからは食欲も少し戻っていたし、亡くなる3,4日前までは牧草もよく食べていて(牧草に関してはむしろ以前よりもよく食べていたかも)体重も維持していたので、やせ細ったり見るからに弱ってるといったこともなかったし、大きな変化はなく普通に過ごせてました。

一番最後はケージの中だったけど、その前の1日か2日間はサークルの中で私たちに一番近い場所にずっといてくれたように思います。お尻を向けてたけど。

モカは自分がいなくなった時の私たち夫婦へのダメージが少しでも軽くなるように、少しずつお別れが近いことを教えてくれていました。

後悔することなんて山ほどあるけど、それを口にするのはやめようと夫と約束しました。
モカは頑張って生きてくれました。
もなかとは会えたかな。おいしいものたくさん食べているかな。初めての草原を走り回っているかな。なるべく涙が出ないよう、虹の橋に行ったモカが楽しそうにしているところを想像するようにしています。

そしてまた絶対会えると信じてます。生まれ変わったらモカはまたうさぎで私は牧草で、もしかしたら食べられちゃうかもしれないけど、モカに会えるならそれでもいいや。

モカ、ずっと大好き。

161120_2013

2013年のモカ

|

« 11月9日のモカともなかとサクちゃん | トップページ | 癒しのサクちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月9日のモカともなかとサクちゃん | トップページ | 癒しのサクちゃん »