« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016.08.30

モカばあちゃん

このたびモカがペレットを食べなくなり、相談に行ったうさぎ専門店で、スタッフのお姉さんに「11歳ってすごいですね」と言われ、あらためて「モカは長生きしてくれてるんだ」と嬉しくなりました。

多少の変化はあったもののとても元気にしてくれていたので「11歳になったなぁ」くらいしか思ってなかったのですが、確かに「うさぎと暮らす」のお月様に帰ったうさぎさんのコーナーを見ると10歳に満たない子が多いのです。

うさぎの11歳はヒトの82歳だそう。

モカはすごいんだ。

160830
モリモリ食べて、元気そうに見えるでしょ?

今もゆっくりではありますが快方に向かっていると信じています。モカよ、ありがとう。

| | コメント (0)

2016.08.29

モカの瞬膜

今入っているかまくらは二代目です。

一代目はわりと早めに形を保てなくなりましたが、二代目はなぜかあまりホリホリしないのと、中に1枚わらのざぶとんを敷いているので多少ホリホリしても本体には影響しないので、一代目より長持ちしてます。とても気に入ってくれているようで、近頃はこういう写真が多いのです。
160829
今回の件で病院に行く少し前からモカの瞬膜が時々出ているのが気になっていました。ネットで調べてみたら、心臓病や胸部腫瘍などの胸部疾患のことが多いと書かれてありました。

そのこともあって診てもらうことにしたのですが、心臓肥大、当たってしまいました。まあ以前から言われていたのもあったんだけど。

心臓のお薬を始めて何日かは瞬膜が出ていたり、目が飛び出し気味になったりしていたことが、特に顔を下に向けた時などによくありました。最近はそれが減ってきて、以前のようにかわいいお顔をしていることが増えたように思います。

お薬効いてるんだといいな。

| | コメント (0)

2016.08.27

サインはうんちなモカ

ペレットを残すようになった頃より少し前だったと思うので7月の終わり頃でしょうか。うんちをトイレでせず、ばらまくようになりました。

これまではほぼ完ぺきにトイレでしてました。うっ滞の時はその場でおしっこしちゃうことはありましたが、普段はほとんどうんちもおしっこもトイレで出来てました。

おばあちゃんになって動くのが面倒くさいからあちこちでするようになったのかと思ってたんだけど、もしかして体調に異変ありのサインだったのかも?

というのも、ペレットを少しだけ食べるようになって、うんちをトイレでする率もあがったのです。

160827
ペレットもトイレも「元通り完璧!」からはまだほど遠いですが、「体調」と「トイレでうんち率」は関係あるように思えるのです。

うんちの大きさや形や色はいつも見てたけど、うんちする場所にも何かしら意味があるんですね、きっと。

| | コメント (0)

2016.08.25

うさぎになったモカ

心臓が悪かったり、ペレットを食べないと言っても見るからにとても具合悪そうというわけではなく、いつもより食べる勢いが弱々しかったり、だらーっと横になっていることが多いというだけで、それが心臓のせいなのか、おばあちゃんになったからなのかはよくわからないといった状況です。

食欲増進のお薬は1週間で止めましたが、ほんのちょっと食べる勢いが出てきた気がします。おとといこの件について日記を書き始めるまではあまり変化がなかったのですが、昨日あたりから少しペレットを食べるようになりました。
お皿から自力で!(←これ重要)

この半月ほど、うんちの大きさにも食欲にも波があるのでまだ安心はできませんが、少しは快方に向かっていると思います。そう思いたい。きっと気のせいじゃない。。。

160825
実は数日前にも一度だけペレットを40粒ほど食べてくれた(1粒ずつ口元に運んでいたので数えてました)時があって「良くなってきた!」と大喜びだったのですが、その一度きりで元に戻ってしまったので今度はぬか喜びにならぬと良いなと思うのです。

その時の「口元に運んであげないと食べない」状態と「お皿から自力で食べる」状態とでは雲泥の差なのです!

ペレットを食べない分、野菜やアルファルファをいつもより多めにあげることにしました。野菜は小松菜やブロッコリーの茎や葉、にんじん、セロリなど。

小松菜は葉っぱの部分を縦にくるくるロール状にしてあげる(トウチャン考案)と食べやすそうです。にんじんは今まで食いつきがよくなかったのであまりあげたことがなかったのですが、今は気に入ってくれてるみたいでとてもよく食べます。やっぱり嗜好が変わった?それともようやくうさぎになった?

急にペレットを全く食べなくなり、なんだかとても焦ってしまって、暇さえあれば食べろ食べろと言って何かしら口元に持って行っていました。よくよく考えてみたら元気な時だって昼間はほとんど寝ていたのに、モカにしてみれば迷惑な話だったのです。

ちょっとやそっとのことではうろたえない強い心が欲しいのです。カアチャンすぐ動揺するからさ。ごめんよ。

今朝もイヤイヤ言わずにお薬を飲んでくれました。モカは本当にいい子です。

| | コメント (0)

2016.08.24

イヤイヤモカ

昨日の続きです。

お薬はシロップ2種類で、それぞれ1㏄ずつを1日2回シリンジで飲ませます。お薬をもらって3日間はシリンジをくわえてぐいぐい引っ張るほど喜んで飲んでいました。

4日目の朝、1本目の半分飲んだあたりで突然嫌がり始めました。

なんでだ。

160824
4日目5日目は保定して飲ませようとしましたが、私の保定がへたくそなので、まあ逃げる逃げる。こんなことではかえって心臓に負担をかけてしまいます。6日目の朝は断念し、夜はイヤイヤ言いながらも保定しないで何とか飲んでくれました。

最初の診察から1週間後に再び病院に行き、先生と相談して心臓薬のみ飲ませることにしました。その後は保定しなくてもイヤイヤ言いながら飲んでくれるようになりました。甘いシロップを2㏄も飲むのがしんどかったのかな。

今朝はぐいぐいとまではいかずともそんなにイヤイヤ言わずに飲んでくれました。
とりあえず、ほっ。

心臓のお薬だけでも飲んでくれて症状が少しでも良くなれば、ペレットも食べてくれるようになるかも??

| | コメント (0)

2016.08.23

嗜好が変わったモカ

モカがペレットを食べなくなりました。

今までペレットはあげた分を一気に食べていましたが、8月のあたま頃から何回かに分けて食べるようになり、半分残すようになり、8月中旬から全く食べなくなりました。

160823
最初の頃は口元に持っていけば食べたりもしてたし、いつものうっ滞の時とは違ってペレット以外のものは食べるし、うんちも小さめではありますが出ていました。だらーっとしていることは多くなりましたが、苦しそうだったり痛そうにしている風もないので、しばらく様子を見ていました。

いつも牧草を買っているところや、うさぎ専門店でペレットのサンプルをもらったり、ペレットに代わるような食べ物を買ってみたりしていろいろ試してみました。食べてくれたペレットが3種類ほどあったので袋で購入した途端、それも食べなくなりました。お皿の高さを変えてみたりもしたけど、そういう問題でもないようです。

やはり心配なので病院に行くことにしました。

昨年切ってもらった歯は異常なし。
レントゲンを撮ると、最初に心臓が肥大していると言われた昨年4月よりもさらに5ミリほど大きくなっていました。5ミリと聞くと一瞬大したことないように思いますが、もともと小さい体に入っている小さい心臓の5ミリは大したことあるのです。

血圧も高いようで時々モカのかわいいお目目が飛び出し気味になります。心臓のお薬と食欲増進のお薬をもらってきました。

モカも11歳のおばあちゃんなので、そろそろいろいろと覚悟せねばならぬ時期に入ったのでしょうね。
これからどうなるのかならないのか、これまでの生活とどう変わるのかわかりませんが、なるべくモカが穏やかに暮らせるよう、できる限りのことはしてあげたいと思っています。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »