2016.11.20

大好きなモカ

モカがいなくなって寂しくてたまらないし、出来ることならもっと一緒にいたかったけど、モカの最期は理想的だったのだと思います。

大きな病気やけがもなく、11歳まで生きてくれたこと。
寝たきりにならずギリギリまで自分の足で歩けたこと。
自力で食餌をとれたこと。
お家で夫婦で看取れたこと。
亡くなる日の朝まで大好物のバナナやえん麦を食べたこと。

最期の数か月は心臓は苦しかったのかもしれないけど、いつもぐったりしていたわけではなく食べたいものには飛びついてきたし、薬を飲むようになってからは食欲も少し戻っていたし、亡くなる3,4日前までは牧草もよく食べていて(牧草に関してはむしろ以前よりもよく食べていたかも)体重も維持していたので、やせ細ったり見るからに弱ってるといったこともなかったし、大きな変化はなく普通に過ごせてました。

一番最後はケージの中だったけど、その前の1日か2日間はサークルの中で私たちに一番近い場所にずっといてくれたように思います。お尻を向けてたけど。

モカは自分がいなくなった時の私たち夫婦へのダメージが少しでも軽くなるように、少しずつお別れが近いことを教えてくれていました。

後悔することなんて山ほどあるけど、それを口にするのはやめようと夫と約束しました。
モカは頑張って生きてくれました。
もなかとは会えたかな。おいしいものたくさん食べているかな。初めての草原を走り回っているかな。なるべく涙が出ないよう、虹の橋に行ったモカが楽しそうにしているところを想像するようにしています。

そしてまた絶対会えると信じてます。生まれ変わったらモカはまたうさぎで私は牧草で、もしかしたら食べられちゃうかもしれないけど、モカに会えるならそれでもいいや。

モカ、ずっと大好き。

161120_2013

2013年のモカ

| | コメント (0)

2016.11.19

11月9日のモカともなかとサクちゃん

朝、モカの棺にお花や牧草、ペレット、野菜や果物などモカの好きなものばかりたくさん入れた。もなかに立ち会ってもらって、モカはもなかのこと忘れちゃってるかもしれないから、虹の橋に行ったらもなかがモカのこと見つけてあげてね、とお願いする。

サクちゃんはいつもみたいに「モカup、モカup」って鳴いてた。
サクちゃんの「モカ」は実際には「ポピup」って感じなんだけど、私たちが尻上がりの発音で「モカ?」って話しかけるといつも真似して「ポピup」って言っているので「モカ」って言っているつもりなんだと思う。

もなかのときと同じ斎場に向かう。
昨日見た天気予報は晴れだったのに、どんより曇っていて時々雨もぽつぽつ降っていた。

斎場で手続きをしてモカを預け、待合室で待っている間、夫がタブレットに内緒で用意してきていたモカの写真をスライドショーで見せてくれた。待合室では多分猫ちゃんを待っている女性が泣きながら動画を見ていた。私たちは時々涙ぐんだり「こんなことあったね」なんてちょっと笑ったりしながら写真を見ていたら、このままいけば来週退院できるかも、と母からメールが来た。

モカは母の代わりに死んじゃったんだ、と思う。
きっと母が今死んだら私が大変な思いをするからって、優しいモカは身代わりになったんだ。

お骨になったモカはとても小さかった。火葬場の人に骨がしっかりしていると言われる。ちょっと褒められた気がして嬉しかったけど、考えたらもなかのときもそんなこと言われた。

そういえば祖母が亡くなったときもそう言われて、叔母といとこが「誰にでもそう言うのよ」と話していたことをあとで思い出してちょっとがっかりする。

骨壺に入ったモカはもなかより小さくなった。もなかと同じ最小の骨壺だけど、5年前のもなかのものよりサイズがさらに小さくなっていた。161119

左がもなかで右がモカ


黄色いガーベラの花言葉を調べてみた。
「究極美」
「親しみやすい」

西洋では、
「warmth(優しさ、暖かさ)」
「sunshine(日光)」
「friendliness(親しみやすい)」

モカにぴったりだね。
花言葉なんて何にも知らないで選んだ花だけど、いい意味ばかりで良かった。

161119_2012

2012年のモカ

| | コメント (0)

2016.11.18

11月8日 モカの花

朝、母の主治医から電話が来る。悪い知らせかと思ったら、炎症が少し治まったので点滴をやめて飲み薬に変えるということと、リハビリを始めてシャワーも浴びてよいという話だった。

母にあれこれ持って来てだのなんだのと用事を頼まれたので実家によってから病院に行く。咳をしたり声がガサガサだったりしたけど、入院初日よりだいぶ元気そうでよくしゃべってた。

帰りに花屋に寄って黄色の花ばかり選んだ。モカのイメージカラーは黄色だ!となんだか強く思って、しかも黄色のガーベラがどうしても欲しかった。

行きに下見するために寄った花屋に黄色のガーベラがあったのに帰りにはなくなっていたので、もう1件別の花屋に寄った。そこにはちょっと小ぶりだったけど1輪だけあった。黄色一色になっちゃうのもモカはつまんないかなと思ったので、白やオレンジやグリーンの花も少し混ぜてみた。なんだか統一感がなくてセンスのかけらもないけど、モカは許してくれるかな。

夜、棺に入れるおやつやペレットの準備をした。

161118_2011

2011年のモカ

| | コメント (0)

2016.11.17

11月7日のわたし

仕事をしてても集中できず一刻も早く家に帰りたかった。
シフトを代わってもらう必要はなくなったけど、やっぱり代わってもらっておけばよかった。

夜、「モカがいないとつまんないね」と夫がポツリ。
ホントにまったくその通り。ゴハンを食べてもおいしくないし、毎週面白いと思って見ていたテレビ番組もちっとも面白くない。

モカのかわいいいびきが聞こえない。

161117_2010

2010年のモカ

| | コメント (0)

2016.11.16

スーパーモカ

定期購読している「うさぎと暮らす」62号が届きました。

161116
投稿写真のコーナーにモカの写真が載っていました。

虹の橋に行ってもなお私たちを喜ばせてくれるモカは、スーパーうさぎなのです。

| | コメント (0)

«11月6日のモカ